web上へのデータ保存|パソコンが起動しない場合の対処|業務の効率化

web上へのデータ保存

ウーマン

パソコンを業務で使用する企業では重要な社内データを消失させないようにするために、バックアップを取ることが多くあります。社員全員がアクセスできる共通のサーバーマシンや、ケーブルで簡単に接続が出来る外付けハードディスク、その他にもフラッシュメモリやディスク媒体などが代表的です。このようなバックアップ方法のメリットは社内で実施できることだといえるでしょう。しかし、逆をいえば社内で運用するコストと保守の費用が発生することにも繋がるのです。特にサーバーマシンなどは高価な製品となるので、定期的なメンテナンスが必要となってきます。
このような問題を解決し、バックアップをアウトソーシングしたい場合はクラウドのサービスを活用するのが効果的です。クラウドはweb上の保存先になるので情報漏洩が心配という企業も少なからず存在するでしょう。しかし、最近のクラウドバックアップサービスは暗号化通信に加えてセキュアクラウドという万全のクラッキング対策を行っているので、高いセキュリティ性を保持しているのです。バックアップに使用する上限容量も細かく設定できる仕組みになっているので契約にムダが無く、バックアップ運用保守のコスト削減にも繋がるのです。